豆寒天的日常。映画、本、テレビ、サッカーなど。↑ちなみにコレは水を飲むパンダ。池に頭つっこんでマス。


by mamecan10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

男子中学生に手作りプリンをもらいました

男子中学生に手作りプリンをもらいました。
男子中学生手作りプリンをもらいました。。。

「豆寒天め…とうとう犯罪に手をそめたか…

とか思ったのは誰ですか?(え?みんな?)

違いますよ、それはそれは心温まる話なんです♪

昨日、私が2年半ほど英語を教えてきた生徒の最後の授業がありました。
この子が本当に困ったちゃんだったんだな。

宿題は当然やってこない、プリントはなくす、筆箱は忘れる、遅刻はする、塾があるのすら忘れる…
塾の開始時間20分を過ぎても来ないと自宅に電話するわけですが、この子の場合はケロリとして本人が出るんですね。で、「あ、忘れてた」って悪気なく遅れてやってくる。
さすがにこれでは本人にとってよくない、と思い、遅刻に関しては私も相当厳しく接していました。
「今度遅れたら私はあなたを待たないで帰るから」と宣言し、宣言通りに帰ったり、電話越しにも相当厳しい口調で問い詰めたり。他の先生方から「怖い…」とビビられ、「いや、しょうがないんです…」とモゴモゴしていたわけです。

なんだろう、ヒトゴトとは思えなかったんですよね、何を隠そう私は小学生の頃、まさにそういう子供だったので。
とにかく忘れ物をしないで学校に行ったことはなく、「忘れ物グラフ」はいつもダントツ1位、「この人が今月一番忘れ物が多かった人です」と教室の前に何度立たされたか。
バイオリンのレッスンがほぼ毎週定刻だったにもかかわらず、時間がわからなくなって変な時間に行って先生から「あなたのレッスン時間は終わりました。帰りなさいっ」と何度怒られたことか。
年を重ねにつれ、私も人並み(近く)まで改善されてきたので(多分…)、きっと教え子も大丈夫なんだろうな、と思いつつ、心配でたまらなかったのです。
もうねえ、先生というよりも実の姉気分ですよ。

この子ももう高校生か…背、伸びたなあ…なんて感慨深く思いながら、最後の授業を終え、ちょっと話でもするか、と机に腰掛けたところ…

「先生、アレルギーとかないですよね?」

と生徒から聞かれました。
ん?どっかに行ってソバかなんかをお土産に持ってきたのか??と思いつつ、「ないよ~」と気楽に答えたわけです。

すると…
生徒がおもむろにスーパーのビニール袋(手付きの透明のやつ)を机の上に出しました。
え?何…?なんか白い皿とティスプーンが見える…?と思っていましたら…

「ホワイトデーのお返し、ずっと気になってたんで…プリン作ってきました」

ですって。もう、びっくりしましたよ。

「プリンっ??」

とゴソゴソ袋を開けると、ビニール袋の中にラップの何もなく、裸の状態でプリン入りの白いココット皿が(笑)。

「多分美味しいと思います」

と答える生徒に

「初めて作ったんじゃないよね…?」

と確認してしまった私は悪人でしょうか(笑)
ちなみに5回目くらいとのこと。
いやあ、二年半教えてきてこの子がプリンを作れるなんて知らなかったわ…。と思いつつもしみじみと「頂きます♪」をしたわけですよ。

生徒が見守る前でプリンを一口…

あ、机に落とした…

いや、なんかポロッとね、あは♪
が、もちろん落としたのも食べましたよ~、可愛い生徒の手作りですもん、粗末にはできません。
で、お味ですが、これがほんとに美味しいんですよ。もうねえ、びっくり。私もたまにプリンを作るのですが、全然美味しい。いやあ、びっくりでした。

というわけで、なんだかものすごーくほっこりした気分で帰宅した私でした。
厳しく教えてきた私ですが、愛情って伝わるのね、ええ子や…♪

彼の充実した高校生活を祈りつつ、失礼します♪
[PR]
by mamecan10 | 2007-03-30 14:50 | 日々のろのろ