豆寒天的日常。映画、本、テレビ、サッカーなど。↑ちなみにコレは水を飲むパンダ。池に頭つっこんでマス。


by mamecan10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

年齢…

多分、同世代の方は何かで年齢の話になった場合にどう対応すべきか、と思ったことが一度や二度はあると思います。

なんだろう、27,8くらいまではさらりと抵抗なく「○○です」と終わった話なのに、29くらいになると「言うべきか、言わぬべきか」の二者択一(ごまかすべきか、サバを読むべきか…を入れるともっとだけど)を心の中で自らに迫る羽目になる。
やはり、女性にとっていわゆる大台ってそれなりに意味のあるものなのでしょうね。
意味のある、というか無意味なのに妙に縛られてしまうというか。

私、入学前までは自分の年齢にそれほど抵抗はなかったのです。
無駄に歳を重ねてきた、という自覚はあるにせよ(笑)、それなりに年齢に納得していたわけです。
が、ここの平均年齢が26歳くらい、ということを知って少しびびってしまったのですね。
「みんな、私より若いんだ~…」と若いことにとても価値があるような気分に陥ってしまったのです。
年齢はなるべくなら隠して過ごしたい(願わくば活きのいいのをゲットしたいことだし…)と思って、それなりに年齢の話題は避けてきたのです。

というのが先週までの話。
今週はなぜか妙にふっきれてしまったのだ、自分の年齢について。

なんだろう、ほかにめんどくさいことが起きたからかもしれないけど、年齢って気にすることは全くない、という原点に立ち戻ったといいますか。
友人とも話していたのだけれども、年齢を気にする前提として「本当の年齢を言ったら、そこで人からシャットアウト(主に恋愛)されてしまうかも」という恐れがあると思うのです。
なんだけど、例えば年齢をぼかして付き合ったとしてもいつかはばれるわけだし、そこで「え?」と思われるなら最初から自分の年齢を知って納得して付き合って欲しい。私ももちろん相手の年齢が気になる面もあるので、年齢にこだわる(選ぶ対象として)男性の気持ちはよーくわかるけれど、そこを越えていい出会いがあればな、と思うわけです。
恋愛以外にも、年齢を言うとすぐに「姉さん」扱いして頼られそうだな…それも嫌だな、というのもあったのだけれども、まあそうなったらそうなったでいっか、と。

というわけで、先週末にクラス飲み会があったので、ちょっと距離が縮まったというのもあるのですが、話が出たらさらりと年齢を伝えることにしました(あまりにも失礼な聞き方は無視ですが、今のところそのような目にはあっていない)。幸い、私のクラス、同世代がものすごく多いのですよ。同世代とその5,6個下が多くて、真ん中があまりいない。なので、実はかなり居心地よいです。

と、ぶつぶつ言ってますが…イケメン探してきょろきょろはしてないよっ、ちゃんと勉強してるよっ、とだけ付け加えておこう(笑)
[PR]
by mamecan10 | 2007-04-26 12:58 | 日々のろのろ