豆寒天的日常。映画、本、テレビ、サッカーなど。↑ちなみにコレは水を飲むパンダ。池に頭つっこんでマス。


by mamecan10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

少女漫画を男子に借りる

このGW、私が何をしているかと言いますと…

漫画を読んでます

いや、借りてしまったんですもの…。。。
計20冊ほど…。。。

最初に借りたのは花ゆめのテニス漫画「しゃにむにGO!」です。
テニス漫画と聞いてピンときた方(二人くらいしかいないだろうけど 笑)、鋭い!
これを貸してくださったのはバイト先の北国出身の癒し系さんなのです~。
以前、昼食をとっている時に私が漫画好きだとわかり「面白い漫画ありますからぜひ読んでくださいっ。マジで面白いっす。貸しますっ」という話になったわけです。
で、一ヶ月ぶりくらいにバイトに行ってみましたら…
「今日、いらっしゃるって言ってたので持ってきました。これで半分くらいっす」
と、14巻分をどどーんと持ってきて下さっていたのだ…。
内心、「え?ちょっといくらなんでも多過ぎじゃね…?」とか思った私ですが(おい)、気配りのきく癒し系さんらしく肩からかけられ、かつ、持っていても恥ずかしくない感じの紙袋に入れて下さっていたので、楽に持ち帰りできました。
で、ぱらぱらと読んでみると…これが想定外に面白い!癒し系さんには申し訳ないが、もっと下らない漫画かと思っていたのですよ、絵もいかにも少女漫画だし。
が、心理描写などがしっかりしていて結構面白いのです。ちなみにストーリーはスラムダンクだと思って下されば大丈夫。で、少女漫画らしく旧家の中のもめ事とかが出てくる(これはいらないと個人的に思ったのだけど 笑)。癒し系さんいわく、テニスシーンの心理描写も「作者はテニスやったことないのに何でわかるんだろう」というくらい見事らしいですよ。というわけでテニス好きさんはぜひごらん下さい。
余談ですが、この漫画を借りる時に、ハードコアIさん(笑)も近くにいらっしゃったのです。で、「何借りたんですか?」とおもむろに袋をのぞき込み、一冊手にとりパラパラめくって一言。
「ゲイの香りがする…」
さすがIさん、鋭いつっこみです(笑)。無論花ゆめなので基本的にはゲイ漫画ではないわけですが(あ、でもニューヨークニューヨークって花ゆめ?それに最近大分そこらの枠が緩くなってきてそういう描写のある漫画も結構ある)、Iさんの読みは当たらずとも遠からずだと思われます(アングラ世界とか 笑)。

で、お次の漫画はクラスの男子(甘酸っぱい響きだな)に借りました。
きっかけは授業の始まる前の教室(こりゃまた甘酸っぱい)で、彼が私の友人の女子(ものすごくかわゆいメガネっ娘なの)と「ワンピース」の話をしていたのですね。で、私はワンピースは途中で飽きた、とか言いつつ参戦していたのですが、ふと、その女子は世代がかなり下なので私世代のオススメ漫画を教えてあげよう、と「八雲立つ、って知ってる?」と尋ねたわけです。彼女は「知らない」と言っていたのですが、食いついてきたのが男子の方でした。
「知ってますっ。樹なつみ、すげー好きなんですよ、絵が」(ちなみに私の一個上だが敬語)と彼。「え、ほんと?私も凄い好きっ」と返すと「獣王星とか…あ、その前のなんでしたっけ、ロボットの…」「OZ!」「そう、すげー好きです」と妙に盛り上がってしまったわけです。
で、彼の方から「じゃあ清水玲子も好きですか?」と質問が。きゃーっっ、清水玲子なんて大好物だよ、と「大好きっっ」と返すと「俺、全部持ってます。短編集も」と言うじゃないですか。私は新作の「秘密」の最新刊を読んでなかったので「3巻持ってる?」と単刀直入に尋ねると「あります。貸しますよ」とのこと。わーい、と借りたわけなのです。その他、樹さんの「花咲ける青少年」も全巻借りました。

なんですが…前の「ゲイの香りのする」テニス漫画と違いまして(笑)、この樹なつみやら清水玲子ってのは香りどころじゃなくて同性愛の気配むんむんの作風なわけです。まあ、あくまでもすれすれ、なんですけどね。樹さんも清水さんも直接的には関係ないところで作品に一人はゲイが出てくる(あるいはそういう場面が匂わされてる)し、中世的な容貌という設定の登場人物が多いのです。なので、男子が読むのは結構きついかなあ、と思っていたのですがそういうわけでもないらしい。二人ともストーリーが骨太で設定がしっかりしているのでそこらへんが男子にも受け入れられるところなのかな、と思いました。まあ、私に貸してくれた男子はお姉さんがいて、お姉さんはエロイカを全部持っている、という素地があるわけなんですけどね(笑)

というわけで、漫画日和な毎日でした♪
[PR]
by mamecan10 | 2007-05-03 15:48 | 日々のろのろ