豆寒天的日常。映画、本、テレビ、サッカーなど。↑ちなみにコレは水を飲むパンダ。池に頭つっこんでマス。


by mamecan10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

年末のデパ地下

今日は朝は掃除&おせち作り、昼からは両親とデパ地下に年末のお買い物に行って参りました。
おせちは私はこじゃれた料理&重箱に詰めるの担当です(笑)いや、私、重箱につめる前に紙に色鉛筆を使って構想を練ってから詰めますから。そうしないと色合いがイマイチになるんですよねえ、ただでさえおせちって茶色っぽいもの多いし~。こじゃれた料理は今年は「蟹のゼリー寄せ」と「クリームチーズのスモークサーモン巻」を…両方とも料理とは言えるものじゃないところがポイントかと…(←基本的に女子が喜びそうなこじゃれたものしか作れない人…モテ系料理はできないよん)
で、デパ地下ですが…いやあ、さすがに混んでるねえ、この時期は。とはいえ、学生時代に京都料理屋でおせちを売るバイトを3年間やっていた身としては、この時期の慌しいデパート、嫌いじゃありません。
和菓子やらお料理やらをちょこちょこ購入する中、私は母の後で「餅は餅屋…」とブツブツつぶやいておりました。母は餅に興味のない人(「私はお正月、お餅いらない」とか言うくらい)なので、真空パックの餅ですませる傾向にあり、こりゃあいかんと私の最も好きなコトワザを呟いていたわけでして。その甲斐あり、無事に餅を餅屋でゲット♪よかった~。
明日は注文したものを取りにいってまたまたブーツを試着してこよっと。

というわけで、おそらく今年最後のブログはこれにて終了。
皆様、よいお年をお迎え下さいね!
(↑よいお年を、という挨拶、一年を通じて私が最も好きな挨拶フレーズです。なんだか言うと幸せな気分になりませんか?)
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-31 00:18 | 日々のろのろ

沖縄土産

最近新たな職場(ジュクではないとこ)で「カシイユウに似てる」と言われました、豆寒天です。
「クールビューティ」と言われた豆寒天です。
言われた途端シニカルな笑いを浮かべたのは言うまでもありません…豆寒天です。

で、ジュクの方はなんだか思ったより冬期講習が入りせっせと通っております。
ふふふ~、生徒にちんすこうを頂きました。中学校の修学旅行で沖縄行ったんだって、すごいよね…(高校、私立女子校でしたが京都奈良に5泊6日でしたよ)。
土産もらうまでは「くっそ~、期末でヘボイ点取りやがって…教えたじゃん、これっ(怒)」と思ってましたが、ちんすこうを手にするや否や目尻が下がった私です(賄賂がきくタイプ)
e0001852_1414650.jpg

ところで、なんでこんな中途半端な写真かというと…職員室に持ち帰る途中に、別の生徒に見つかりおすそ分けなどを(いや、ほんとは全部持ち帰るつもりだったんだよ、ちんすこう好きなんだもん)
包みをビリビリ裂く様を見た生徒に「O型でしょ?」と問われ「違うもんね~」(これはいつも間違われるので余裕)、「B型?」「違うけど」(は?)、「AB型?」「いや…」(そっちにいくか…?)、「A型っ!?マジ?」「そーだよ…」(日本人は圧倒的にA型が多いんだから素直考えたまえ)
私の包みの破り方、そんなにA型あるまじきものだったんでしょうか??というか、A型全員が几帳面なら日本はもっと綺麗だということに気付くべきでしょう、世の中の人々よ。
肝心の味のほうでしたが美味しかった♪♪紅芋ちんすこう、初めてでしたが美味しかったよ~♪明日はパインを食べようっと。
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-29 01:45 | 日々のろのろ
劇場公開の映画をあまり見に行かなかった年であった、ということが判明!
たしかに、今年、小さい映画館に行くことがほとんどなかったんですよね、見たい、見たいと思っているうちに全て見過ごしたというか…。
というわけで…
・ナルニアの国物語
・プロデューサーズ
・ブロークバックマウンテン
・ウォレスとグルミット 野菜畑で大冒険
・ナイロビの蜂
・シティ・オブ・ゴッド(これは2006年公開ではないような。早稲田松竹で見たので)
・ホテルルワンダ
・マッチポイント
・MIⅢ
・トゥモローワールド
・out of place
のみでした、実際に映画館に足を運んだのは。もっとあった気がしたんだが妄想映画館だったのか、ふむふむ。うん、私、マジメに勉強してたんだな、多分(笑)。

というわけで、サイトに感想を載せていないものについてサラリと感想を。


まずは「ナルニア国物語 魔女とライオン」ですが。
これはねえ、5点満点でいうと2~2.5。いや、私ですね、すごく好きなんです、C.S.ルイスのナルニアの国シリーズが(全7巻。どの巻の好き過ぎて順位がつけられませんが、何気に「銀のいす」は好きです。泥足にがえもん、好きなんだもん~)。というわけで、自分の好きな作品が映像になった場合、辛口になってしまうのはしょうがないことでありまして…
にしてもちょっとねえ。あのですね、このシリーズを全くご存知ない方に簡単に説明しますと、第一次世界大戦中のロンドンに住む4人の兄弟が田舎に疎開するところから物語が始まるのです。疎開先の老教授(この人もいろいろあるのだ。「魔術師のおい」参照)宅の洋服箪笥の中がナルニアという国に通じていて…というお話でして。子供の頃、よく我が家の両開きの洋服箪笥の中にもぐりこんで見たものでした、ナルニアには行けなかったけれど。うちの洋服箪笥はナルニアの木でできていないので、残念ながら。
と、横道にそれましたが話を戻しますと、ナルニアの国にはアスランというライオンがいるのです。このアスラン、当然物言うライオンで、大きさも普通のライオンの倍以上ある、という偉大な存在で、アスランの前では万人膝を折ってしまうくらい威厳のある方なのですよ。ところがどっこい、映画版アスランは非常にみすぼらしかったのです…。もうね、これだけで相当マイナスだから(笑)。たとえ、映画最初の方でルーシーとタムナスさん(フォーンなんだよ)が出会うシーンが素晴らしくても、アスランがあれじゃあダメです。しかも、後半の戦いの場面が明らかに指輪の2番煎じでした。ナルニアの戦いはああいうんじゃないと思うんだけどなあ~。と、不満タラタラ故に(しかも子役がたいしてかわいくなかった。あんまり美少年、美少女でも違和感だけどさ)、辛い点数です。ナルニアを映画にしよう、と頑張ったスタッフへの同情評じゃい。

ナイロビの蜂
こちらはねえ、2.5。え?点が辛すぎる?だって、レイフ・ファインズがキモ過ぎたんだもん…。レイチェル・ワイズはかわいかったけどさ。
外交官が変死した妻の謎を追う、というストーリー。舞台がアフリカで、その地で製薬会社が新薬の人体実験をしている、という部分は現実にありそうな話だし、それらの問題提起をする点においてはいいと思います。が、その暗部を追う過程で夫に火の粉を浴びせたくない妻が夫に秘密主義的であるが故に夫が妻の浮気を疑ったり、妻も夫の上司と微妙な取引をしたりとそこらへんが非常につまらん。このつまらなさを夫役のレイフのキモさがさらにどうしようもないものにしているのであります。とはいえ、この映画、他の方の評価は高かった気がするので、単に私の好みに合わなかっただけなのですがね、てへ。

シティ・オブ・ゴッド
こちらは4~4.5。文句なしに私が劇場に足を運んだ映画の中で一番、これまでに見た作品の中でもかなり上位の印象です。(まあ、これは2006年の映画じゃないんだけどさ)
これはぜひ皆様にも見て頂きたい!ブラジルの映画ですが、実話を元に作成されてます。
まず、映像の撮り方が南米らしい疾走感と迫力に溢れています、メキシコ映画にもよくある感じ。エグイ場面も多々ありますが、人間を何百万にも殺しておきながら血の一滴も見せないハリウッドのSF映画よりはよほど健全なエグさです。
リオデジャネイロのスラムを舞台にギャング団の対立を軸としたストーリーが語られます…としかストーリー説明はできないのですが(色々と複雑なんです、いや、ある意味単純だけど視点も色々で、登場人物も非常に面白い)ぜひぜひ御覧下さいませ。見て損はありません。と、大絶賛して終わる♪

MIⅢ
3点。いや、普通に普通だったから。しかもⅡよりはマシになってたから3点(笑)。私、トム・クルーズには何の興味もないんですが、スパイ映画は避けて通れない性分でして。で、このシリーズもずっと見ているのですが、どう考えてもⅠが一番良くてⅡはアホくさい。Ⅲは想像以上にマシでした。それにね、これにはジョナサンが出ていたんですよ、ジョナサン・リース・マイヤーズが。彼はガエル君と並び私の大好き俳優でしてね、えへへ。なんといっても尻がいいのだ~。まあ彼のことは「マッチポイント」で熱く語るとして、トムは自分が目立たなくなるのを恐れてか、このイケメン君にたいした役を与えませんでしたが、大丈夫。私の脳裏にはしっかり焼きついております。それからベトナム系アメリカ人の女優が非常に美しかった。と、まあ、ストーリーが見事に予想通り過ぎて笑えた(特にトムの蘇生シーンね。あれはおもしろいからぜひ)ことも含め3点くれてやる~。

マッチポイント
3.5。まず見て思ったのは私とウッディ・アレンは気が合わないんだろうな、ということ。かなり映画評も高かったので期待していたのですが、それほどでもなかった。オシャレでスタイリッシュな映画であったが、私は多分あまりに綺麗にまとまる映画が好きでないんだなあ、と。ただ、この映画でよかったのは俳優陣です。主演のジョナサン(彼が主演なのよ、ヨハンソンでなくて 笑)も、スカーレット・ヨハンソンも二人ともエロくてよかったです。
なんだろう、ジョナサンはその容姿からしても陰のある役がとてもよく似合うのですが、今回の役はまさに当たり役でした。役どころは元プロテニスプレーヤー(おそらく2流どころの)で、お金持ち相手のテニススクールでコーチをしながら上流階級への足がかりをつかもうとする青年。この成り上がりっぷりがいいんですよ。しかもけして下品ではなく、賢い成り上がりっていうのかなあ、全てにおいて計算しつくした感が漂うのにちっとも厭味ではない青年像を作り上げておりました。彼があんまりガツガツしちゃうと多分、この映画自体のオシャレさが失われると思うので、非常にそこらへん、上手かったと思います。それでいて内面の空虚感、それを欲望の形にしてスカーレットにぶつけるあたりの演戯もよい。この人、出た映画で脱いでないものはないんじゃないか、と思うのですが、今回もよい脱ぎっぷりでした、ふふふ…。
で、対するスカーレットはこれまたお見事。彼女の持つイメージそのままの役だったのもあるのでしょうが、オーラがありました。ちなみに役どころはアメリカから出てきた女優志望の美女。なんですが、スレたところばかりでなく純情で男の愛を信じてしまう一途さがあるという素敵な役。ほんとうにピッタリでしたよ。一見女性の敵、という外見ながら彼女の見せる傷つきやすそうな表情は本当に魅力的。ジョナサンとのエロシーンはむしろ「ジョナサンと代わりたい…」とオヤジに成り下がりました…。
その他、ジョナサンの妻役の女優も英国のお嬢様の雰囲気をとてもよく出していたし(彼女の服装がすごくかわいかったのです、私には似合わないタイプですが)、妻の兄役の俳優も上流階級の一見気さく、実は階級意識が強いプレイボーイを見事に演じておりました。
と、まあ、映画のストーリーや何かはともかく、俳優がよく映像が綺麗でした(え、それだけ??)

トゥモロー・ワールド
はい、きました。今年度目にした中で一番のクソ映画。点?1点でよか。
これもねえ、評価悪くないんですがね、私にとってはなんでそんな高評価がでるのか疑問でしたよ、最初から最後まで。
ストーリーは人類に子供が生まれなくなる未来が舞台。そんな中、一人の少女が身ごもって、という感じなのですが…未来といえばやたらと進化した明るい町並みを描く映画もある中、現代よりもどうしようもない暗澹たる未来風景を描いた点はいいと思います。というかそれ以外よい点が見当たらないんだよね…。どうしようもない未来風景、ってのも具体的な風景は大いに疑問。イギリスが舞台なんですが、微妙にゴシック回帰みたいな政府の建物内部やら、反体制派がいずれも60年代風ヒッピー(着心地のいいもの好きです、自然食好きです、東洋思想好きです)なのが古臭い。未来になってもそこは変わらんのかいっ、みたいな。ところどころに軽いジョーク、例えば芸術省(かなんだか)の建物の上に豚の風船があったり(when pigs fly=絶対にこない時、ありえないこと)、主人公の男の靴下に穴があいていたり(過剰なイギリス男主張)などなど小賢しい演出に満ち満ちてました。ひょっとしてそこらへんもアホくさいって笑いとばそーぜ、って映画だったのかしらね。シニカル系の。とはいえ、未来では現在よりもテロが日常茶飯事となり、イギリスも移民排斥(檻のようなものにいれて収容所へ運ぶ)を行っている、などと描いているところあたり、笑い飛ばせよ、という意図ではないんだろう。
と、まあ、だから繰り返しになりますが、そういう暗い未来風景はいいんですよ、警鐘的意味をもつものとして。とはいえ、その描き方がね……。とにかくストーリーが甘過ぎる!SF系でストーリーの詰めが甘いのは致命的欠陥。というわけで、子供の生まれなくなった未来、という興味深いものをテーマに選びながらここまで意味不明で陳腐な映画にしてしまった監督(アルフォンソ・キュアロン。本来はいい監督さんです、「天国の口終わりの楽園」はオススメですし、ハリポタの3作目、アズカバンの囚人もよかった。今回は彼のテンポのよさ、というか編集の思い切りやなにかが仇となったような…)の責任は重いぞ。そいて最後にジュリアン・ムーア…なんでこんな映画に出てしまったの??
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-27 14:27 | 映画

香港コロン

風邪、引きました…
昨日、本当は後輩たちの演奏会に行く予定だったのに、咳が止まらずドタキャン(さち&サイチ様、ごめんなさい…)となりまして。
いや、本当にすごい咳だったんですよ、腹筋痛い…みたいな。
で、あまりにもひどく、夜は一時間毎に起きてしまうので、咳止めとやらを買ってみたんですが…
今度は熱が……。明らかに咳止め飲んでからおかしくなったぞ、おらっっ。
薬が身体に合わなかったのだろう、と以降、大人しくしていたら朝には熱も下がり、冬期講習へ出かけていった次第です。
皆様も風邪、気を付けて下さいね、喉からくるやつ、かなりムカつくタイプの風邪なのでご注意を!!

で、今日は公約通り(?)、るいさんから頂いた、香港のコロン(グリコのお菓子)について語らせて頂きます。

e0001852_13441165.jpg
るいさんは旅行にいらっしゃると、必ず絶妙なセンスのお土産を下さるのですが(北海道のバター飴もおいしかったです~、こちらもまたの機会に)、香港土産も私のツボにはまりまくりでした♪ありがとうございました♪♪

そんな中でも私の目を釘付けにしたのは…コロン!!
ええ、私、コロン、大好きなのです。高校生の頃は毎日一箱食べてました(不健康)
さすがに今では100円くらいのサイズの一箱を全部食べるのはキツイので、2ヶ月に一度くらい、小さく小分けされたコロン(ファミリーサイズというのか?)を購入し、楽しんでおります。外側の巻いてあるクッキーを歯で剥しながら食べたり、かなりお見せできない姿ですが、好きなんだもん……。
今回、お土産で頂いたのは、マンゴープリン味とエッグタルト味の二種類。
e0001852_1348051.jpg
e0001852_13482769.jpg

なんだか周りのクッキーも日本とは少し違ったような…。日本のコロンは現在、周りがかなりあっさりめの味になっているのですが、香港のは昔懐かしい感じがしました。
で、エッグタルト味は予想通りのプリン味+中華菓子独特の風味があり、面白かったです。
意外に美味しかったのがマンゴープリン味!食べる前は正直、コロンとマンゴープリンのハーモニーが想像できなかったのですが、これがかなり合っておりました。そういえば、日本のコロンも苺味とか出してるもんなあ。意外とフルーツ系と相性いいかもです。

というわけで、ぜひ皆様も機会がありましたらお試し下さい♪
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-26 13:52 | 日々のろのろ

あ…

るいさんたちがあまりにエ○エ○言うので、るいさん土産のコロンを語り忘れました…明日語りますデス。
それから、るいさんブログにコスプリが小さくUPされております。御覧になりたい方、るいさん宅へ♪
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-22 23:38 | 日々のろのろ

あんたら…

本日、BGから「エ○寒天」と呼ばれ、何かと思ったら…
るいさんとキョウコりんにエ○キャラにされていた豆寒天です…。
しかもるいさんいわく、「マニア向け」らしい(笑)
くっそー、三十路前にエ○業界で一旗揚げときゃよかったよ。
あ、ちなみに、私の得意技は脳内着替えなので、私の友人方、勝手に脳内コスプレして遊ばせて頂いております。自分が何か知りたい方、ぜひメールを(笑)♪

と、今年もやんちゃしてきたご友人方へプレゼントを♪
御神鶏(?)です。逆光が神々しいでしょ(言い訳)
エラいニワトリは木に登るんだね。さすが。
e0001852_22344540.jpg

ニワトリの下腹部に触りたい(つつかれるよ)豆寒天でした。
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-22 22:35 | 日々のろのろ

コスプリ

ふふふ。

とうとう行って参りましたよ、コスプリ@オタクの聖地秋葉原!

本題(笑)に入る前に昨日の流れをサラリと。

待ち合わせは秋葉原のヨドバシカメラでした。るいさんがヨドバシカメラ内のレストラン街をリサーチして下さり、そこで軽く飲み食いしてから行こう、と。
で、私は夕方くらいからアメ横をふらふらし(ほんとにふらふらしただけ。チョコレート買おうかと思いましたが1000円であの量はいくらなんでも多すぎる…全て食べ終えた後が恐ろしいのでやめました)、上野から秋葉原へ。
時間があったのでヨドバシカメラ内を探検していたら7階のユウリンドウで見つけてしまったのです、「エロイカより愛をこめて」34巻を!もちろん即購入(笑)。今回も読み応えありましたよ、ふふふ。えっとね、少佐がね、伯爵がね、Qも出てくるんだよ~。しかし年2回も出るなんて奇跡だわ♪

と、大幅に話がそれたところで軌道修正しますと…
3人おおむね無事に集合、いざレストラン街へ。
ちょっと迷った挙句、一軒目は予約で一杯だとかで断られ(ザ・海峡、というシュールな名前の居酒屋でした)、2軒目の芋焼酎のバーと居酒屋の中間のようなお店へ。
結果としてとてもよかったと思われます、私以外のお二人は酒豪でらっしゃるし、うふふ~。それにオツマミ類もシンプルですが美味しかった♪雰囲気も好きでしたし、私好みの兄ちゃんが働いてました(るいさんいわく、「一般人では地味な人が好きなんだね」と。う…た、たしかに私、ゲーノー人は濃い顔好みかもですが、本来薄い顔スキーな人間なんですよ~)
座りづらいバースツールにもかかわらず、3時間くらいまったりしてました。
何を話していたのかというと…これがまた、ほっとんど思い出せないのですが…うむむ。多分、私の頭はコスプリで一杯だったんだろうな…。昔から何かが次に控えていると集中力をそちらに奪われるタイプでして。非常に楽しかったという感情的な記憶はあるのですが…。あ、そうそう、るいさんとサコミズさんの母校(高校)は部活を「班」と言っていたそうです、カワイイですよね♪あとはるいさんの学校の校庭周辺にも変質者が出たとか(ロッシー懐かしい)。サコミズさんは酔うと○○になるとか(笑)。るいさんの北海道旅行のフライトの新米CAの話はかなりウケましたのでぜひぜひご本人に聞いてみて下さい♪

記憶の網をたぐりよせた成果が以上で申し訳ありませんが、メイン話題に移らせて頂きます(強引)
そろそろ、行きますか。と我々が腰を上げて向かった先は秋葉原のセイアットというゲーセン。そこに行くまでも秋葉原のあまりの洗練され具合にかなり引いてしまったのですが(いや、綺麗だったよ、正直)、夜の街ではないのですね、秋葉原は。人通りも少なく、ゲーセンもすきすきでした。
はやる気持ちを押さえつつ、まずはレンタルコスチュームのカタログを見せて頂くのですが…
ん?
んん?
な、なに、これ?
そうです、我々(というか主に私です、お二人ともごめんなさい~)は重大なミスを犯していたのです。
秋葉原=オタク=コスチュームはオタク系。こんな簡単なことを見逃すとは!!
ええ、カタログの中の三分の二はアニメやら漫画キャラでした…。
しかも知らないものが結構ありまして。いや、名前だけはわかっても男キャラなのか女キャラなのかもわからない始末…。完全に勉強不足です。私お目当てのゴスロリ服も見つけられない中、私が着てみたいと思った「マリみて」の制服はサイズが小さいし~。あんなコムスメ体型服じゃ胸が入らないわよっ、ふんっ。(というか、全体的にサイズが小さめでした。ロリ体型使用なのかな、コスプレ服って)で、メイドさんに変身したわけですが…。なんかねえ、私あまりメイドさんは似合わないなあ~。メイドさんというかメイド服着たエ○ビデオ女優ぽかったよ、自分で言うのもなんだが(笑)。ちなみにその他お二人は、るいさんはI'sの制服(コレ←まさにコレでした。結構高いんですね…。しかし、このサイトって…怪)、サコミズさんは、な、なんと…綾波レイでした(爆)いや、私、飲んでる時から「絶対サコミズさんは綾波レイが似合いますよ」とイチオシしていたのですが、これが本当にお似合いだったんですよ~。サコミズさんは劇団で美男子役をやってらっしゃる、スッキリとした方なのでまさに「綾波」でした。(余談ですが、エヴァの制服って母校の制服に似てます、かなり。あのカミシモが夏は暑いんだよなあ~)
あきらかにクリーニングに出されていない衣装を着て、はしゃぐいい年したお姉さん方…ちなみに他に客はいませんでした(笑)が、今回コスプリが初めてだったということで、どうしてもポーズがワンパターンになっちゃうんですよね。私、ほとんどぶりっ子ポーズでしたもの。自宅で反省しましたよ、はい。るいさんは回が進むにつれて本領発揮!最後の普通の服プリクラはかなり素晴らしいです!私も精進いたします!
というわけで、次回はぜひ町田セガ(るいさん、サイト見ました♪ほんと、コスチューム充実してますね!)にてがんばりましょうっっ。リベンジじゃーっっ。
コスプリ写真、見たい方、ふふふ…お見せするわよ。遠慮なくおっしゃって。おほほほほ。

次回はるいさんから頂いた香港土産、コロン(ぐりこ)について熱く語らせていただきます。
るいさん、ありがとうございました♪♪♪
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-21 14:42 | 日々のろのろ
より、から受け取りましたでございまする~。
では、行きまーす♪あれ、ひょっとしてこの質問って沖縄弁(という言い方は正しくない気もするが)なのかな?

?2006年、あなたにとってどんな一年だったん?

一応前に進めた年、というべきかな。結構いい年だった気がするなあ、早かったけど。

?いちばーん楽しかったコトゎなんねー?!

なんだろ?いい年だったが特にこれといって…あ、これにしよ。かつんデビュー♪♪

?いちばーん悲しかったコト、教えてごらーん?!

落ちた…(暗っ)

?いちばーんむかつぃたコト言っちゃえよー!!

細かいことがありすぎて思だせん…狭い道をすごい速度で走る車にむかつき、朝のラッシュにむかつき、道をふさぐ高校生にむかつき、バカな教え子にむかつき、そしてこんだけむかつける自分にむかつくが、私は全然悪くないもんねー♪

?いちばーんおもろかったコトゎなんじゃぃ!?

いや、だからよくもわるくも平坦な年だったのよ。
面白かったこと…今年も変な人々に囲まれて一年を過ごせたことかな。YOUたち来年もハジケちゃいなよ!

?あなたにとって2006年「にせんろく」ってなぁにぃー?!

 に:ニマニマし、
 せ:せかせかし、
 ん:んふふな日々で、
 ろ:ロンロンで、
 く:熊には遭わなかったよ。

?2006年もあとわずか!!残すのゎクリスマス?誰と何して過ごすの?!

あ・な・た♪

?あぁ~2006年でやり残したことゎ?!

メイド喫茶訪問。

?カウントダウンゎ誰と過ごそぅかにゃ?!(>_<)

今年はカウントダンをしないで寝てやろうと思います。

?2007年はっぴぃにゅーいやぁ!!!目標教えてぇ??

美女。

?まわしちゃいますっ☆5人!!!

るいさん、おー、キョウコりん、サコミズさん、ash


とはいえ、強制ではないので。皆様にお任せします♪2006年を振り返るいい機会としてトライして下されば幸い☆
ではでは~!
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-17 00:27

来年は…

ロー、私大になってしまった~。きゃー、おとーさんおかーさんごめんなさい(完全にすねかじり状態)
まあ学費と立地以外の条件、例えば開講科目とかは私大の方がいいからいんだけどさ。
どーせ落ちるならT大受けりゃよかったよ(マケイヌのトオボエ)
なんだろうね~、私には学生生活を四ッ谷付近で送らねばならぬ呪いがかかってるのか(笑)?
またかよ~とか思いつつ二年間頑張りまする…
あ、立地的にテポドンが心配だわ。
それからるいさん、伺いますのでよろしくお願いします(笑)

話変わりまして。
本日は母に付き合い出光美術館に行って参りました!出光が所蔵しているものなんですがよかったです。
一人じゃこの内容はいかないもんな~。
それほど多くはありませんが琳派もありましたよ、新村さん。
その他○△□や老人六歌仙(仙厓)の本物だ~などなど。
あと茶碗などのいいものがかなりあったのでお茶をやってる方にもいいかも。しかし日本画やら日本の陶器はデザインがお見事ですよね。なんでこんなにセンスがいいんだろうか。配色、配置、空間、全てにうっとりです。
会場外にはルオーも展示してありました。
この美術館、9階にあるのですごく眺めがいいんです。ロビーでお茶を飲みつつ休憩できるのですが、ソファの正面のガラスの外には皇居や日比谷公園、東京一望というわけにはいきませんが天気が悪いにもかかわらず都庁も見えました。ご年配の方が多かったですがまったりと良い雰囲気でしたよ。

ではでは♪
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-15 00:59 | 日々のろのろ
ふふふ、サコミズさんのところで踏んで参りました♪

【地雷バトン「○○○○退会します」】 (←あ、ほんとは○の部分はちゃんとmとiとxとあと一文字入れてくださいね、私は外部ブログなので伏字にしているだけです。ほんとは日記でやらなくちゃいけないんだろうなあ…切り離さねばですね)
@ルール@
見た人はコメントを残して自分もやる事。
絶対(・∀・)
強制(・∀・)OK?足跡に証拠残ります。
地雷バトンです。


●現在のメアドは?
ん?本名ともニックネームとも全く関係ないもの

●現在の着信音は?
普段はバイブ。音ななんだろ?

●待ち受け画像は?
上野動物園で激写したパンダ(メキシコにお帰りあそばしました)

●自分の携帯で入力して1番最初に出てきた文字を書こう!
※変なのでてきても正直に書かなきゃいけない。

あ→ありがとう
い→言って
う→受け
え→笑み
お→お金
か→加藤
き→企画
く→口
け→権力
こ→公務員
さ→様
し→昇天
す→少ない
せ→先生
そ→総武線
た→タグ
ち→チェック(サコミズさんと同じだ~)
つ→使え
て→テクノロジー
と→トイレ
な→懐かしい
に→日記
ぬ→盗み
ね→ネタ
の→呪い
は→背後
ひ→聖
ふ→不思議
へ→兵士
ほ→欲しい
ま→前
み→道連れ
む→夢中
め→メッセージ
も→持ち物
や→休み
ゆ→夢
よ→用事
ら→ラジオ
り→寮
る→るし
れ→連続
ろ→録画 (これも同じだ~)
わ→(笑)
を→を
ん→んじゃ

ふう…
思ったよりマトモなものが出てきてホッとしております、若干変なものも混じってますが(笑)
ヤバイものが出てこなくてよかったわ…
[PR]
by mamecan10 | 2006-12-12 00:20 | 日々のろのろ