豆寒天的日常。映画、本、テレビ、サッカーなど。↑ちなみにコレは水を飲むパンダ。池に頭つっこんでマス。


by mamecan10
カレンダー

<   2007年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

DEPARTED

見てきました、ディパーティッド。ええ、あの素晴らしきインファナルアフェアのリメイクです。
インファナルアフェアを愛する者としてはどういう視線で見るべきか迷いましたが、刑事プリオがトニーの役(警察からマフィアに潜入する役)な時点である程度ふっ切れたといいますか…
かえって、瞳に憂いのあるガエルくん(らぶ)あたりにやられてたら、ついついトニーを重ね合わせてしまったと思いますが、全くそういう要素がないので諦めがついたといいますか。
以下、ネタバレ含む感想です。(御覧になる予定の方は避けた方が無難かと)


まず…しょっぱなのガキがひたすらうざい。ウザイのは顔だけじゃなく演技もかよ…と思っていたら、何のことはない、マット・デイモンの子供時代でした(納得)。
で、警察学校シーンはつつがなく過ぎ…ん?なんで刑事プリオは退学になったんだ??よくわからず…まあいいか(いいのか?ちなみに本家では義理の兄がマフィアだったから、という理由で退学)
時間の流れがよくわかんないなあ~。というか、刑事プリオメインなので、マット(本家のアンディ兄さんの役。マフィアから警察に潜入する役)とニコルソンのつながりがどういう感じなのかがいまいち。多分、香港よりも絆が薄い気がする。香港だと何と言ってもマリー(ボスの情婦)の存在があったり、仁義的なものがありますがアメリカ版は「マフィアボスが恐くて潜入やってます」みたいな?ボスの方も「潜入させてる奴はステゴマ」的な感覚?
それは刑事プリオとニコルソンの関係にも言え、最後まで仲間に情が移る的なことはなかったな。潜入期間が短いからかもだが。香港は五年くらい潜入してたもんね。しかもトニーは前ボスの義理の弟だし。
が、刑事プリオをを潜入にした警部はいい感じでした。その部下(←本家にはいなかった。最後にびっくりですが)は私のもろ好み……抱かせてくれ(違)
で、話は更に進むのですが、やはりリメイクとはいえ大筋(ここで誰が死ぬとか)はほぼ同じなのでハラハラはないのよね。ニコルソンが怪演してるあたりにばかり目が行ってしまう…怪演し過ぎなんですけどね(笑)
精神科医の設定が本家とはやや違います。が、これはありかな、と。まあ最後になると問題があるんですが……
でで、この映画の最大のクライマックス、刑事プリオが自分を覆面にした警部と屋上で会うシーン。
な、なんかいまいち緊迫感が足りないぞ(笑)
とはいえ警部は最後まで良い味出してました。
問題は刑事プリオ…まあシーンが少し違うんでね、こんなもんかもだがね…
ここでもマフィア仲間の一人が死ぬんだが彼は刑事プリオのことを知っていた、という設定は本家のままなんだがその死んだ仲間自身の設定がよくなかったような。これじゃあ泣けね~と。
繰り返しになりますがやはり情の違いだよね、うん……
マット(全編通じてキモい)とボスの対決のシーンもいまいち…それまでに二人に信頼関係があまり見えなかったからだと思われます。
で、この映画の最後が最大の問題なんですよ!!!
あのね、無間道の何たるかが全くわかってない。
解決しちゃってるじゃん、みたいな…。
ううむ……このラストじゃなあ、意味ないんだよなあ。やはり欧米的だな、こういうところは。白黒つけたがるといいますか。

どうなんだろ、この作品だけ見れば面白いのかもだが、本家があまりにも素晴らしいのでね、それを見てしまっているとね。
しかもなんかの映画評で香港版とは別作品、とか書いてありましたが、これがね、かなりスコセッシが本家を意識している、というのがわかるんですよ。細かいシーンが本当に本家に忠実なの。刑事プリオが死ぬシーンのエレベーターのドアとかそういう細かいところが。
そこまでして、なぜラストがああなのかな。まあそこに独自色を出したかったのかもですが、失敗だったと思うんだな。

と、語り倒して失礼します。
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-31 22:25 | 映画

魅惑の腰つき…その2

というわけで、下の記事の続きを♪

いざ、レッスン開始です。
まずはストレッチを……

か、硬い…
私の身体、ヤバイくらいに硬い……

と、とてもストレッチにならなかったのは言うまでもありませんが、ただ、一つ思ったこと。
昔とった杵柄(というほどのもんでもないが)といいますか、高校のダンス部時代の色々が役立ったなあ、と。たとえば尻を出さずに腰を落とすやら、肩を上げずに腕を上げるやら、爪先立ちになって甲の高い部分に乗るやら。身体は硬いものの、そこらへんは「ああ、こういうことね」とできてるかできてないかは別として(笑)、サラリと受け入れられたのです。うん、ダンス部も捨てたもんじゃないね。
あ、そうそう、ちょっと話題が変わりますが、ダンス部といえば我らがSが学校のダンス部の顧問になったそうだよ、おめでとー!!みなさん、ぜひミクシィからお祝いメッセを♪
と、ここらでベリーに話を戻しまして……。
ストレッチのあとはいよいよ、腰振りです。まずは膝をカクカクと前後に動かしその振動で腰を揺らすエジプシャンスタイル?とやらから。これ、カクカクとゆっくり動かすのはできるのですが、早くなんてとても無理!先生は「力をいれず15分くらいできる感じでねー」とか言うんですけど無理ですよ、無理…。で、先生、「固めないで…いや、こういうスタイルもあるんだけどねバイブナントカ…」といいながらものすごい速さで腰を揺らしはじめました。もうね、人間の腰ってこんなに動く、というか震えるのか、みたいな(笑)いやあ、すごかったわ。
お次はエイトなんとか(なんだっけ?)という腰をハチノジに回すもの。これがねえ、意外に難しいのよ。腰が動かない……。手をつけるとますますワケがわからなくなります。
そして最後に腰を前後左右にぐるりと回し、回しながら歩く……。
ここまでで既にいっぱいいっぱいの私とBGでしたが、どうやらそのクラス、曲にあわせて振りをつけていたようで、怪しげな曲を何小説か踊ることになりました。先生の振り付けを真似して踊る生徒たち…うん、なんかねえ、曲が始まるとますますその気になってしまう、ということだけはわかりました(笑)
レッスンも終わり、心地よい疲労感につつまれながら先生にレッスンのお話などを聞いて体験レッスンは終了。
そうそう、ベリーダンスではヒップスカーフというコインやビーズがじゃらじゃらついているスカーフを腰に巻いて踊るのですが、このスカーフがカワイイんですよ。そのコインの動きで腰の動きもわかるし、かなり欲しくなりましたよ♪
というわけで、ベリーに対してかなり前向き私でした~。

追伸☆最後、四ッ谷アトレのポールでお茶をしたのですが、携帯カメラが完全に壊れ、美味しいタルトシトロンの写真がとれず。まあ、ポールはなんといってもパンが美味しいのですが、これは本当に美味しかったです。
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-30 00:22

魅惑の腰つき…その1

BGと行って参りました~、ベリーダンス。
去年からずっと行きたいと言う話で、大学時代の友人(元気か~?BGから近況聞いたよ)に教室のリストまで送ってもらったのに、私が「試験前で精神と時間の余裕が…」という時期が続き、すっかり機会を逃していたのです。
が、とうとう行くことができました。
行った場所はココ
四ッ谷のスタジオなんですが、何せ場所がわかりづらい……。
学生時代の土地勘があったからたどり着けたものの(しんみちを新宿通りに進み、出た道路を渡りさらに進んだ右手地下、というのが一番わかりやすい説明かと)、ほんっとわかりづらかったよ。一度、通り過ぎましたもの(笑)。いや、その地下、中国語の?カラオケ屋かなんかも入っていて、そちらの看板がデカイのにベリーの方には看板はなく紙がぺらっとあるだけだったので見逃してしまったわけです。
無事にたどり着いた私たち、ドアを開けるとそこは…靴がごちゃごちゃありました(笑)
が、既に怪しげな音楽が聞こえていて、玄関とスタジオをセパレートしているカーテンの奥では上級者らしき方々がベールを被って舞を。どこで着替えるのかさっぱりわからなかった(更衣室らしきものは見当たらず)ので、BGがヤス●ケイに似た方に尋ねたところ普通にスタジオの隅で着替えるらしい。
お、おおっ、先生だ~!スタジオ内に入り、先生らしき人を発見しました。
ブルーのパンツ(身体に密着するタイプで膝がしぼってあるフレアパンツ)にヘソというか腹を出し、長い黒髪が美しいユ●ミリに似た先生(帰り道、あの髪型は日常生活を送るには不向きだ、という話になりましたがベリーはやはりロングヘアが必須のようです)がそこにはいらっしゃいました。
メガネッ子やらちょっとふくよかな感じの方やら「私はすぐ上級行くんだから」みたいな方やら色んな方に混じり、先生に「体験です」という旨を伝え、いざレッスンへ……。
というところで、私、出勤時間なので(笑)、また帰宅してから続きはUPします♪
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-29 08:14 | 日々のろのろ

カロリー過多

本日はキョウコりんとデートでした。
ネット世界で会話はしているものの、実際に会ったのは一年振りくらい。お互い休みがなかなか合わず、などなどでしたが久々のキョウコりんはますますロックになっておりました!デニム地のマイクロミニが着られる人なんてめったにいないから、貴重だと思うわ。お似合いでした♪
で、まずは小燕で角煮そば(私は並、キョウコリンは小)とギョウザを食べぼつぼつお話をしまして。おなかいっぱいになったところでショッピングへ。
キョウコりんはカワイイピアスやら何やらを購入しておりました。ライブ用の衣装はあまり良いのがなかったようで残念。
私はというと…や、やってしまいました…吉祥寺プティバトーにて姪っ子の靴下を買っちゃったよん。いや、いい色だったのよ、これがさ。しかもセールだった。あはは…。弟に確認したら妹もTシャツなどプティバトーを利用しているのであげても大丈夫そうです。
その後東急アフタヌーンティに移動。
ここでですね、スゴイものを食べました……↓
e0001852_22373349.jpg

わかります?5種類のケーキが乗っております…。
抹茶シフォンにマロンパンプディング、ストロベリーのクラフティ、チーズケーキ、サツマイモとリンゴのタルト。これがねえ、どれもそこそこデカイんですよ。盛り合わせだからもっと小さいかと思っていたのだ…。
美味しかったけれど完全にカロリー過多でした。明日はサラダばかり食べよう…。
というわけで、キョウコりん、ありがとう♪ヒムロックも見てみるね♪
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-26 22:39 | 日々のろのろ

サユママ♪

本日、サユママとデートして参りました。
場所は新宿は伊勢丹。サユママいわく、「ここが一番良いもの(子供服)が売っている」とのこと。さすが伊勢丹、すべてにおいて最先端を行くのですね。
まずはお食事。
サユママはコウくんを連れていたのでベビーカーの入りやすいレストランを選択。
あ、そうそう、コウくん、かわいかったですよ!!サユママ(美人)に似ているので、将来ハンサムになりそう。そして表情が豊かなんです。ニコーッって笑ってくれるのよ、ふふ。
とはいえこの時点ではコウくんはぐっすりお休みだったので、二人で色々なお話をしていたのですが、サユママのママっぷりに本当にすごいなあ、と感心しきりでした。やはり子供が生まれると人間として成長するんだなあ、という感じ。いや、元々サユママはとてもしっかりした人だったのですがさらに、ね。お話を聞いていて私も子供欲しい~、と思いました♪
その後、サユママの案内で伊勢丹子供服売り場へ。
サユママお気に入りのボンポワンというショップに連れて行って頂いたのですが、さすがパリのお店、という感じの品揃えでした。なんだろう、色合いが違うんですよね、普通の服と。配色のセンスも絶妙で(私の好きなチョコレート色とブルー、グリーンの組み合わせなどなど)これはサユママが常連さんなのもわかるなあ、と。
その後、弟たちがお気に入りのアニエスの子供服店にも行ったのですが…た、高い~!すごくラインの綺麗なツイードのコートがあったので値段をみたら大人のと本当に変わらないんですよ…。いやあ、伯母バカですが困っちゃうわ。私はしばらく本係になろう(笑)
締めくくりはコウくんも起きたのでベビー休憩室へ。「わ、私も入っていいの??」とかなり恐る恐るだったのですが、サユママがコウくんのお世話をする様子を観察し(後学のため)、やはり赤ちゃんはよいなあ、と癒されたのでした~。
サユママ、お疲れ様でした♪
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-26 01:14 | 日々のろのろ

不都合な真実

下マツゲが伸びた豆寒天です。
いや、私、上マツゲは長いんですが、下マツゲがしょぼかったんですよ。
が、なんか最近伸びた…。ちょっとびっくりしました。
どうもアヴェダのアイクリーム(トルマリンが入ってるらしいよ)使い始めてからな気がするんだよなあ~。マスカラはデジャブだから別に普通だしなあ(お湯で落ちるマスカラはやめられません…)
うむむむ…。

昨日「不都合な真実」という映画を見てきました。
ブッシュの対立候補だったゴアが世界各地を回って地球温暖化について講演する姿をまとめたドキュメンタリー。
私、この映画の内容を聞いた時は、「大統領選に落ちたゴアがやることがないからやり始めた」くらいに思ってたんですね。
でも実は違ったらしい。彼は大学の頃師事した教授の影響で、議員に当選した当初から環境問題に取り組もうとしていた人だったようなのです。彼が、議員になってからも研究者たちと密に連絡をとり、実際に南極やアマゾンやその他の地に飛び現状を視察し、本気で地球温暖化をどうにかしようと考えていた政治家だったなんて、初めて知りました。見ていてすごく純粋で素直な人、という印象を受けました。ブッシュと争った大統領選の時はなまじ頭がいいだけに、頭の中だけで物を考える人なのかな、と思っていたので(とはいえ、無条件にゴアを応援してましたけどね…)。この人のいいところは、きちんと専門家を信頼し、彼らの集めたデータを真摯に検討し、悪いことは悪い、と言えるところなんでしょうね。だからこそ、大統領になれなかったのかもしれないのですが。こういう活動をしていることにもとても価値があり、影響力もあると思います。が、アメリカ大統領の影響力には及ばないことは言うまでもなく…この人が大統領になっていたら今とは少し違う世界が広がってた可能性があるのかな、なんて月並みなことを思ってしまいました。
そして私、普段あんまり環境運動に熱心な人間ではありませんが、それでもヤバイということはわかりました。
キリマンジャロの雪…ヘミングウェイの小説で有名な…がなくなりかけています。
アルプスの雪がなくなりかけています、30年前の絵葉書と比べると一目瞭然です。
100キロも泳いだのに、身体を休めるだけの大きさの氷を見つけられずに溺死した北極熊がいるそうです。
永久凍土が解けています。
桜の開花が卒業式シーズンになったのはいつ頃からだったでしょう。
夏の気温が30度を越すのが当たり前になったのは数年前からでしたか。
地球を脱出して他の惑星に居を移すSF話は限りありませんが、そんなことにならないように今できることにきちんと取り組みたいと思いました。
現在、これまでの65万年の間、ありえなかった量のCO2が排出され(それにより大気の層が分厚くなり、太陽の熱が大気圏外に逃げなくなるために地球温暖化が起きるそうです)皆がCO2の排出を抑える努力をすれば70年代の排出レベルまで下げられるとのこと。
小さなことの積み重ねを大切にしたいですね。
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-25 00:33 | 映画
本日、休日の秋☆原に行って参りました。
目的?デートですよ、デート♪お知り合いになって以来、いつかお会いしたい~、と思っていたのですが念願叶いました。
私の妄想通りに可愛らしい方(華奢でお人形系)で、もうそれだけで幸せだったのですが、今日は本当に楽しかったのです、むふふ。
だって、だって、だって!!メインはきゅんだったんですもの~!!!
↓ここ、実はカ●オケボックスなんですが、部屋ごとにテーマが決まってるんですよ。私達の部屋は「銭湯」がテーマでした。
e0001852_21592176.jpg
e0001852_21594013.jpg

ちょっとピンボケですが、富士山の絵と蛇口がありますでしょ(笑)他にも「銀河鉄道999」J部屋などもあるようでした。このカラオケ屋、さすがア☆バといいますか、テレビ画面にアニメが流れてるんですよ~!私たちが行った時は聖闘士星矢で、思わず見入ってしまいました…(笑)
ま、テーマはあくまでもきゅんなわけで…えへ♪楽しい時間を過ごしました、むふふ。
その後、プリクラに移動しまして…ここでプリクラと言ってピンと来たアナタ、正解です!例のコスプリもできるプリクラに行って参りました。とはいえ、今日はコスプリしませんでしたがさすが休日だけあり衣装持込のお客さんだらけでしたよ。普通に撮ってる私たち(あ、私が無理矢理連れ込んだと思ってるでしょ?御自ら撮りたい、とおっしゃってくれたんですよー)が珍獣でした。が、三十路とプリクラは体力勝負、ゼーハー言いながら画面に映るモデルと同じポーズをする私たち…初対面とは思えぬ密着具合が萌え萌えでした、むふふ。結局3回も撮ったのですよ!いやー、楽しかったわ~。
プリクラ後は疲れた体を休めるべく喫茶店へ。
ケーキを食べながら再びきゅんトークを…むふふ♪
e0001852_2271889.jpg

もうねえ、こんなに1日中(いや、午後からですけど)きゅんづくしで良いのかと思うほどでした♪うん、やっぱりカワユイですよね、あの子…むふむふ♪
その他、Aくんってほんとに昔から美形だったとか、K様は写りが良いときは本当にスゴイ(なんといっても努力の子だし)とかT様の笑顔がキモいとか(愛です)、N氏は幸せそうだとか、どれがU氏かわからない友人が多いとか(笑)色々お話しました。
で、ダイブツ頭(きゅんの新しい髪形…N氏がダイブツ呼ばわりしてたものでややウツでした…)を心配しつつお別れしたのですが、ただでさえお世話になりっぱなしなのに素敵なものまで頂き、本当に感謝感謝です♪
ダイブツも思ったほどダイブツじゃなかったし(青ゾリの頭よりはマシ…)、髪の毛が伸びるまじないを覚えればもう何の心配もありません。
あとは6人になれば、ね♪
というわけで、豆寒天のむふふ♪な1日でした。Y様、本当にありがとうございました☆
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-21 22:11 | 日々のろのろ

水滸伝

イプサの目元用コンシーラーを購入した豆寒天です。いや、目元のくすみが気になるので。
コンシーラーなのに乾燥しづらいところはよいと思うのですが、クマを完璧に隠したい方には向かないかな。明るさで目立たせなくする、という感じです、多分。

私、中国古典ものが結構好きなのですが最近は自宅にあった水滸伝(吉川英治)を読み返しておりました。この本、高校の古典のN女史から頂いたんですよね。が、結構不思議…N女史はスラリとした美しい方で、お嬢さんが東京バレエ団にいる、などなど素敵な先生でしたが、私は特に仲がよかったわけではないんだよなあ…。よく覚えていませんが、おそらく何かのきっかけで水滸伝の話になり、私が興味を示したんでしょうね。で、ご自宅から持ってきて、貸して下さったのです。当時もすごく面白い、と一気に読み終わり、「面白かったです」とか言って返そうとした折に「あげるわよ」と。まあ、ちゃっかり頂いてしまったわけですが、なんでくれたんだろうなあ(笑)
そうそうその水滸伝なんですが、実は吉川英治バージョンは完結してないんですよね。今、読み返して初めて気付きました…いや、最後に「まだまだそれでは終わらなかった」的なことが書いてあるんですもの(笑)というわけで、最後はどうなるんだか未だに知らない私でした…他の人のを読まねば!
あ、順序がメチャクチャですが、水滸伝は梁山泊に運命に導かれて集った義に厚い漢たちのお話です。韋駄天、とかもここに出てくるんですよ♪
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-18 23:49 | 日々のろのろ

姪っ子

最近太った豆寒天です。
いや、年始にセーターを試着した際に「ん?ちょっとキツイ?」と思ったんですよ。いつも利用しているショップなので「あれれ?」と思ったのですが…。
私、「型紙が変わったんだな」と納得してしまいまして…。そこで太ったことに気付けよ、ってカンジですよね、あはは~。
月末にはベリーダンスの体験レッスンに行くのにやばい~。あ、でもベリーってある程度肉があった方がいいんですよね、揺らすし~♪(この開き直り性格をどうにかせねば痩せられないね…)

で、姪っ子。
顔見てきました~。

が。

誰に似てるかは全くわかんなかったよん。
いや、カワイイはカワイイんですけどね、うふふ♪
もう少しして顔がしっかりしないとちょっとわかんないなあ。
結構暴れる子らしく「おてんばになるね」とか「スポーツ得意になるね」とか色々言って楽しんでます。
PCにも姪っ子フォルダーを作ったし。
名前もねえ、かわいいんだよ~。
妹が浜ッ子(ひょっとして死語か?)なもんで、彼らは横浜在住なんですが、ぽい名前なの。

お見舞いの後、弟とともに横浜そごうでジル・スチュアートのロンパースを購入。いや、弟が、じゃなくて私の両親、つまりじーじ、ばーばが(笑)。
弟夫婦はジルやアニエスで揃えたいみたい、子供服を。
たしかに3歳以降からだとジルの服、すごーくかわいかったが、ロンパースってあんましどこのでも大差ない気がしました。母はさかんにジルの字がラインストーンで入っているので、肌を傷つけないが心配してましたがまあ、本人たちが満足するものを着せたげればいいんだもんね。
で、弟たちがおねだりしたいベビーカーには私及び両親で大反対。いや、デザインは面白いんですけど、巨大で重いし、畳めないし、というものだったんですよね…。デンマーク製だったりドイツ製だったりなんですが、今調べたところそれらの国ではベビーカー優先度が高く、畳む必要もない(ベビーカー専用の駐車場もあるんですって)、石畳の町なので車輪が大きい方がいい、ということでそのようにデザインされているようなのです。が、日本だと残念ながらそこまでベビーカーに恵まれた社会ではないし、電車に乗る機会も多いだろうし…とか思うと、持ち運び等便利な方が絶対いいだろ、と思うんですが、どうでしょう?何をポイントにすべきか教えて下さいませ(ペコリ)
ではでは~!
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-15 12:53 | 日々のろのろ

伯母馬鹿

今日、妹にあげようと「世界の子供部屋」という本を購入しました、豆寒天です。
ちょっと聞いて下さいよ。
姪ッ子、「姉貴に似てるかも……」ですって!!
え、これ、作戦ですか?
伯母馬鹿にする作戦ですか?
そんなんなくても既に伯母馬鹿です、ええ(ほけーっ)
日曜日に会いに行くのですが非常に楽しみだ~♪

あれ、けどさ、私に似てるかも、ってことは弟に似たということなんだろうけど、女の子なら妹に似た方がいいんだけどなあ。いや、その方がすごくたおやかな感じの子になるんですよ、うん。けどまあ骨格とかは女の子は母親に似るから大丈夫だろう。

こうなったら私好みに洗脳ガンバリマス…(迷惑な伯母)
[PR]
by mamecan10 | 2007-01-12 22:30 | 日々のろのろ